福島鉄平

福島 鉄平(ふくしま てっぺい、1979年4月23日 - )は長野県千曲市生まれの、日本の漫画家。多摩美術大学卒業。

2000年に『コミックフラッパー』でデビュー。のちに『週刊少年ジャンプ』月例賞への投稿を開始し、2003年に『赤マルジャンプ』掲載の「red」にて再デビューを果たす。その後『切法師』(中島諭宇樹)、『闇神コウ〜暗闇にドッキリ!〜』(加地君也)のアシスタントを務めていた。

現在は『週刊少年ジャンプ』誌上にて「サムライうさぎ」を連載中。


宇田川 喜兵衛(うだがわ きへえ)
故人。宇田川家の先々代当主。伍助の父親。「マゲを結わぬ武士など武士にあらず」という信条のもと、苦肉の策で禿げた頭に海苔を乗せ城に行くが、「フザけた頭で城に来た」という理由で切腹を命じられる。この事件が、伍助に「のちょげ(海苔ちょんまげ)の息子」という不名誉なあだ名を招く事となった。ちなみに、禿げた理由は伍助との稽古で頭を叩かれまくったせいらしいが、伍助自身も15才ながらにかなりデコが広いことから、単に遺伝の可能性もある。

伍助の兄(仮称)
故人。宇田川家の長男で先代当主。父親が亡くなった後に家を継ぐが、ハエを追い払っていた動作を上司に誤解されてしまい、理不尽な理由により切腹を命じられる。

伍助の母(仮称)
夫と長男を相次いで亡くした後、故郷の紀州で療養している。この為、伍助が志乃と結婚した時には江戸に居なかった。伍助や志乃と手紙をやり取りしていたが、その後、療養を終えて伍助と志乃と共に暮らすため江戸に戻ってきた。
宇田川伍兵衛(うだがわ ごへえ)
宇田川家の先祖。戦場で逃げ回っていたという。伍助の母に「宇田川家は大した事ない家」といわれる所以。

うさぎ道場

うさぎ道場
巨大な黒刀で、重量感があるため扱いづらい。年齢22歳、身長約六尺一寸(182cm)。主要登場キャラの中では最も冷静な性格の持ち主。名字はブライアン・セッツァー、名前は由比正雪に由来する。かつて「ヒグマ道場」の門弟だった頃は寝る間も惜しんで人一倍の努力を繰り返していたが、剣の才能には恵まれず今まで試合では一度も勝ったことがない。

女好きで、よく茶屋(遊里)に通っているが、意外と妹思いな面もある[7]。めんどくさいことは苦手でとことん避けようとする。前述通り剣の才能は無いが、毎日行っていた鍛錬に裏打ちされた筋力は大人2人を軽々持ち上げる。伍助の先輩であり義理の兄、飄々とした性格だが、何かと伍助に助言をする兄貴分的な存在でもある。「黒札」は清比人がうった摂津の刀。

闇雲に振り回しても当たらないため、筋力以上に『相手がどこを攻撃してくるか』を予測する洞察力が必要となる。うさぎ道場摂津 正雪(せっつ まさゆき):使用刀・黒札(くろふだ) うさぎ道場の門弟の一人。また、親を早くに亡くしていることから料理も得意である。しかし千代吉や薄雲に後押しされ、ケジメをつけるために鰐渕が企画した手合せに参加、その後再びうさぎ道場に戻った。

職務は作事方同心。志乃の兄。。そのことは自分が一番よく知っており、その後突如うさぎ道場を辞めると切り出したのも、己の才能のなさゆえに仲間に迷惑をかけることを嫌ってのことだった。

志乃の作ったうさぎ

漫画サムライうさぎにたびたび描かれている象徴的な動物。漫画のサムライうさぎの志乃がお面の為にデザインした耳の垂れたうさぎのキャラクターが、表紙のイラストや道場の看板としても登場している。漫画のサムライうさぎやイラストには生き物のウサギも登場しており、一般的な耳の立った姿で描かれている。また、用語の解説の為に挿入される「かいせつうさぎ」のキャラクターの耳も立っている。
漫画のサムライうさぎの志乃が創作したうさぎにおいて、漫画のサムライうさぎの志乃が内職で作っているお面の為にデザインしたうさぎ。一般のウサギのイメージとはデザインが異なり(そのため引き取りにきた商人にはうさぎかと聞かれる程)、耳が垂れている。漫画のサムライうさぎのうさぎ道場の看板のオブジェやうさぎ流のマークにもなっている。こうした意匠以外にも想像上の動物として登場するが、ストーリーに絡む事はなく、各話の表紙のイラストなどに現れる。当初、漫画のサムライうさぎの伍助の目にはウサギには見えなかったが、志乃にとってはこれがウサギのイメージなのである。漫画のサムライうさぎの志乃は物語の初期には一般的な耳の立ったうさぎや猫などの面も作っており、物語が進んでからも必要に応じて耳の立ったうさぎの面を作っている。なお、イメージ的な鳴き声は「ぶもー」。
漫画のサムライうさぎのかいせつうさぎ
大きく開けた口が吹き出しとして漫画のサムライうさぎの解説時、コミックスの目次に使われている。ちなみに目つきが悪いのが♂、マツゲがあるのが♀である。本来は解説だけの為の存在だが、21羽で定ノ丞に対してツッコミを入れるなど、なぜか漫画のサムライうさぎのうさぎには個性が出てきている。

愛妻家伍助の秘密

漫画サムライうさぎの主人公宇田川伍助は剣術の鍛錬によって立派なサムライになる事を目指してはいるが、武士道を志向しているわけではなく、漫画のサムライうさぎはあくまでも愛する妻の為なのである。
一般に目にする現代の剣道の構えは、竹刀と防具着用の打ち合い稽古によって生まれたものなのである。江戸時代や室町時代から残っている古流剣術では、腰を落とした構えや、左足、左手前の構えなども多く残っている。そのため、漫画のサムライうさぎでの剣術描写が現実の剣術作法と異なるとは一概には言えない。
漫画のサムライうさぎの主人公の短い方の刀の長さが、長い方の刀の長さの9割程度になっているので、「長脇差し」を用いているとも解釈できる。この為、漫画のサムライうさぎに登場する武士全員が「長脇差し」を脇差しとして帯刀しているという可能性もある。ただし、武家諸法度によれば脇差しの長さは2尺未満と決められており、武士が長脇差しを使う様になるのは、幕末の事である。また、漫画のサムライうさぎの台詞の上では「刀二本」という表現をしており、「本差と脇差」という概念が登場していない。
歴史上の縁切寺とは異なり、漫画のサムライうさぎの志乃は尼僧になる事なく実家に戻った。
漫画のサムライうさぎの連載当初にて、漫画のサムライうさぎの志乃の兄が伍助と志乃の結婚を仲介したのは、無駄飯喰らいでしかない志乃が邪魔になったからではないかと思われたが、本当はかつての夫であった桐之進から酷い目に遭わされた志乃を幸せにしてもらいたかったからである。
漫画のサムライうさぎの志乃を「武家の女なのに下卑た振る舞いをした」と切ろうとしたが、女子などの弱い者を切る事は本来の武士道に反している。
漫画のサムライうさぎでの耳が垂れたウサギとしてはロップイヤー種が知られているが、品種改良でロップイヤーが誕生したのは1940年代のオランダである。よって志乃は現実に存在するウサギをイメージしたのではなく、たまたま耳が垂れたウサギをイメージしたという事になる。

宇田川伍助に愛される志乃

漫画サムライうさぎに出てくる志乃は宇田川伍助の妻。15才。漫画のサムライうさぎの志乃は伍助の先輩の妹で、漫画のサムライうさぎの志乃の兄の仲介で宇田川家に嫁ぐ(兄の苗字から旧姓は『摂津』であると推察されるが、漫画のサムライうさぎの劇中では明言されていない)。性格は明朗闊達で自由奔放かつ少々無軌道。一人称は「あたし」で、夫や門弟をあだ名で呼ぶなど、くだけた言葉遣いをする。漫画のサムライうさぎでは夫の伍助を友達のように接し「ごっちん」と呼ぶなど、精神的にはまだ幼く、摂津正雪から「武家の妻女にふさわしい娘」と聞かされていた伍助を驚かせる。また、その幼さからか布団を並べて寝たのは結婚初夜のみである(この後は一緒に寝るようになった)。しかし、漫画のサムライうさぎの志乃は夜寝ている間に忍び泣きをするなど、無邪気かつ能天気なだけではない一面も見せる。漫画のサムライうさぎの志乃身分にとらわれない考え方で、漫画のサムライうさぎの伍助の生き方に影響を与える。漫画のサムライうさぎの志乃はかつて構武館師範代の松山桐之進を夫に持っていたが、それは桐之進が周囲へ見栄を張る為の形だけの結婚に過ぎず、「自尊心を傷付けようとするものなら殺されるのではないか」と思うぐらいに脅されていた。漫画のサムライうさぎの志乃は兄の立場を慮って一年間も愛のない結婚生活に耐えて来たものの、遂に縁切寺へ駆け込んで漫画のサムライうさぎの志乃は離縁する。夜中の忍び泣きもこの頃の記憶によるものらしかったが、伍助と共に松山との関係にケリをつけて以降はそれもなくなった。
好きな動物はうさぎで、漫画のサムライうさぎの志乃の好物は蕎麦。幼くして家事は得意らしく、美味い料理を作る。漫画のサムライうさぎの志乃は家計の足しにするためうさぎの面作りの内職をしている。内職で作ったうさぎの面は自分でも被っていることが多い。うさぎの事を「月に辿りつく為に頑張っている動物」だと考えており、漫画のサムライうさぎの志乃のその事が伍助が自分の流派を「うさぎ流」と名付けるきっかけになった。

愛妻家の宇田川伍助とは

漫画サムライうさぎの主人公の宇田川伍助についてどのような愛妻家であるかを検証してみましょう。漫画のサムライうさぎでは15才、既婚。宇田川家の当主を務める御家人となっています。宇田川伍助の職務は作事方物書。一人称は「オレ」で、ややかしこまった話し方をする。漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は次男だったため家を継ぐ予定はなかったが、漫画のサムライうさぎの宇田川伍助の父と兄が次々と切腹を命じられ、結果的に漫画のサムライうさぎの宇田川伍助が当主となった。漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は父や兄の末路を教訓に、体面を気にして神経をすり減らす毎日を送る。漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は先輩の紹介で志乃を嫁にするが、性格に劣等感を持っている。漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は生活が苦しい事を、志乃に申し訳ないと感じている。漫画のサムライうさぎの宇田川伍助はその様な生活から脱して昇進するため、幼い頃に嗜んでいた剣術の腕を上げようと剣術道場に入門し、漫画のサムライうさぎの宇田川伍助はそこで自らの剣術の才能に気付く。その後、剣術道場の主や門下生が俗物だと知り落ち込むが、漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は志乃の言葉を受けて立ち直り、身分に関係なく真に剣術を愛する者が集う道場「うさぎ道場」を開くことを決意する。
漫画のサムライうさぎの宇田川伍助の流派は自ら生み出した「うさぎ流剣術」。漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は元々才能があったせいか、剣術の腕前は達人級であり、木製の橋を刀で切り落としたり、真剣を持った20人あまりの剣術道場の門下生を鞘ぐるみの剣で倒すなど、漫画のサムライうさぎの宇田川伍助はかなりのものである。
漫画のサムライうさぎの宇田川伍助が「15才」という年齢は極めて若いが、その当時から見れば元服(成人)である。漫画のサムライうさぎの宇田川伍助の父と兄の他界により、元服後間もなくして宇田川家の当主になった為、漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は背伸びをして生きているように描かれている。その一方で、まだ少年らしい感情を多く持っており、漫画のサムライうさぎの宇田川伍助は門弟の千代吉と同様に喜怒哀楽の激しい豊かな人間性を持つ。

週刊少年ジャンプ

サムライうさぎは、「週刊少年ジャンプ」で2007年14号から連載中福島鉄平による少年漫画作品。サムライうさぎの漫画の連載話数の単位はタイトルの「うさぎ」にちなんで「第○羽」。サムライうさぎの漫画の単行本は2007年10月現在2巻まで発刊中。
サムライうさぎは15才の下級武士宇田川伍助志乃の夫婦を軸にした時代劇の漫画である。
下級武士の視点で江戸時代を描いた漫画のサムライうさぎでは、上級武士が権威や規範としている「武士道」というものを懐疑的に漫画として描いている。漫画のサムライうさぎの主人公宇田川伍助が出会う人物たちの価値観についても、深く知る程にその裏側が明るみになって、それが漫画のサムライうさぎの笑いや話のオチ、時には登場人物の葛藤の原因となる様な構成になっている。漫画のサムライうさぎのこうした構成を支えているのが、現代の日本語による軽い台詞回しであり、「空気読めよ」や「マジうめーよ」、「ウザい」等といった2000年代の若者言葉さえも漫画のサムライうさぎに積極的に取り入れられている。漫画のサムライうさぎは基本的に物語は、漫画のサムライうさぎの主人公宇田川伍助モノローグ独白)によって進行する。漫画のサムライうさぎの真面目な主人公宇田川伍助の台詞やモノローグには若者言葉などは用いられておらず、他の漫画のサムライうさぎの登場人物の台詞とのコントラストを生み出している。
漫画のサムライうさぎには江戸時代の風物については都度解説が挿入されているが、「侍」を題材に扱った漫画でありながら、このサムライうさぎの作品内で登場する剣術は現実の剣術作法とは異なっている。さらに漫画のサムライうさぎには武士の身分を持つ登場人物が全員、長い日本刀を二振り差しており、脇差しを持っていない様に見える。また、武士の身分にありながらまげを結っていない人物もいる。この様に、漫画のサムライうさぎの時代考証は曖昧で正確とは言い難い(よく言えば硬派の皮をかぶった軟派)ものであるが、漫画のサムライうさぎには江戸時代らしさは保たれている。
漫画のサムライうさぎの主人公宇田川伍助と志乃が物語の最初から結婚をしている漫画の作品は、少年漫画では大変珍しい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。