宇田川伍助に愛される志乃

漫画サムライうさぎに出てくる志乃は宇田川伍助の妻。15才。漫画のサムライうさぎの志乃は伍助の先輩の妹で、漫画のサムライうさぎの志乃の兄の仲介で宇田川家に嫁ぐ(兄の苗字から旧姓は『摂津』であると推察されるが、漫画のサムライうさぎの劇中では明言されていない)。性格は明朗闊達で自由奔放かつ少々無軌道。一人称は「あたし」で、夫や門弟をあだ名で呼ぶなど、くだけた言葉遣いをする。漫画のサムライうさぎでは夫の伍助を友達のように接し「ごっちん」と呼ぶなど、精神的にはまだ幼く、摂津正雪から「武家の妻女にふさわしい娘」と聞かされていた伍助を驚かせる。また、その幼さからか布団を並べて寝たのは結婚初夜のみである(この後は一緒に寝るようになった)。しかし、漫画のサムライうさぎの志乃は夜寝ている間に忍び泣きをするなど、無邪気かつ能天気なだけではない一面も見せる。漫画のサムライうさぎの志乃身分にとらわれない考え方で、漫画のサムライうさぎの伍助の生き方に影響を与える。漫画のサムライうさぎの志乃はかつて構武館師範代の松山桐之進を夫に持っていたが、それは桐之進が周囲へ見栄を張る為の形だけの結婚に過ぎず、「自尊心を傷付けようとするものなら殺されるのではないか」と思うぐらいに脅されていた。漫画のサムライうさぎの志乃は兄の立場を慮って一年間も愛のない結婚生活に耐えて来たものの、遂に縁切寺へ駆け込んで漫画のサムライうさぎの志乃は離縁する。夜中の忍び泣きもこの頃の記憶によるものらしかったが、伍助と共に松山との関係にケリをつけて以降はそれもなくなった。
好きな動物はうさぎで、漫画のサムライうさぎの志乃の好物は蕎麦。幼くして家事は得意らしく、美味い料理を作る。漫画のサムライうさぎの志乃は家計の足しにするためうさぎの面作りの内職をしている。内職で作ったうさぎの面は自分でも被っていることが多い。うさぎの事を「月に辿りつく為に頑張っている動物」だと考えており、漫画のサムライうさぎの志乃のその事が伍助が自分の流派を「うさぎ流」と名付けるきっかけになった。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。