週刊少年ジャンプ

サムライうさぎは、「週刊少年ジャンプ」で2007年14号から連載中福島鉄平による少年漫画作品。サムライうさぎの漫画の連載話数の単位はタイトルの「うさぎ」にちなんで「第○羽」。サムライうさぎの漫画の単行本は2007年10月現在2巻まで発刊中。
サムライうさぎは15才の下級武士宇田川伍助志乃の夫婦を軸にした時代劇の漫画である。
下級武士の視点で江戸時代を描いた漫画のサムライうさぎでは、上級武士が権威や規範としている「武士道」というものを懐疑的に漫画として描いている。漫画のサムライうさぎの主人公宇田川伍助が出会う人物たちの価値観についても、深く知る程にその裏側が明るみになって、それが漫画のサムライうさぎの笑いや話のオチ、時には登場人物の葛藤の原因となる様な構成になっている。漫画のサムライうさぎのこうした構成を支えているのが、現代の日本語による軽い台詞回しであり、「空気読めよ」や「マジうめーよ」、「ウザい」等といった2000年代の若者言葉さえも漫画のサムライうさぎに積極的に取り入れられている。漫画のサムライうさぎは基本的に物語は、漫画のサムライうさぎの主人公宇田川伍助モノローグ独白)によって進行する。漫画のサムライうさぎの真面目な主人公宇田川伍助の台詞やモノローグには若者言葉などは用いられておらず、他の漫画のサムライうさぎの登場人物の台詞とのコントラストを生み出している。
漫画のサムライうさぎには江戸時代の風物については都度解説が挿入されているが、「侍」を題材に扱った漫画でありながら、このサムライうさぎの作品内で登場する剣術は現実の剣術作法とは異なっている。さらに漫画のサムライうさぎには武士の身分を持つ登場人物が全員、長い日本刀を二振り差しており、脇差しを持っていない様に見える。また、武士の身分にありながらまげを結っていない人物もいる。この様に、漫画のサムライうさぎの時代考証は曖昧で正確とは言い難い(よく言えば硬派の皮をかぶった軟派)ものであるが、漫画のサムライうさぎには江戸時代らしさは保たれている。
漫画のサムライうさぎの主人公宇田川伍助と志乃が物語の最初から結婚をしている漫画の作品は、少年漫画では大変珍しい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。