福島鉄平

福島 鉄平(ふくしま てっぺい、1979年4月23日 - )は長野県千曲市生まれの、日本の漫画家。多摩美術大学卒業。

2000年に『コミックフラッパー』でデビュー。のちに『週刊少年ジャンプ』月例賞への投稿を開始し、2003年に『赤マルジャンプ』掲載の「red」にて再デビューを果たす。その後『切法師』(中島諭宇樹)、『闇神コウ〜暗闇にドッキリ!〜』(加地君也)のアシスタントを務めていた。

現在は『週刊少年ジャンプ』誌上にて「サムライうさぎ」を連載中。


宇田川 喜兵衛(うだがわ きへえ)
故人。宇田川家の先々代当主。伍助の父親。「マゲを結わぬ武士など武士にあらず」という信条のもと、苦肉の策で禿げた頭に海苔を乗せ城に行くが、「フザけた頭で城に来た」という理由で切腹を命じられる。この事件が、伍助に「のちょげ(海苔ちょんまげ)の息子」という不名誉なあだ名を招く事となった。ちなみに、禿げた理由は伍助との稽古で頭を叩かれまくったせいらしいが、伍助自身も15才ながらにかなりデコが広いことから、単に遺伝の可能性もある。

伍助の兄(仮称)
故人。宇田川家の長男で先代当主。父親が亡くなった後に家を継ぐが、ハエを追い払っていた動作を上司に誤解されてしまい、理不尽な理由により切腹を命じられる。

伍助の母(仮称)
夫と長男を相次いで亡くした後、故郷の紀州で療養している。この為、伍助が志乃と結婚した時には江戸に居なかった。伍助や志乃と手紙をやり取りしていたが、その後、療養を終えて伍助と志乃と共に暮らすため江戸に戻ってきた。
宇田川伍兵衛(うだがわ ごへえ)
宇田川家の先祖。戦場で逃げ回っていたという。伍助の母に「宇田川家は大した事ない家」といわれる所以。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。